自動車まとめ速

自動車の最新情報や話題を毎日更新!

英国お得意のライトウェイトスポーツカーZENOS『E10S』 車重700kgの車体に250馬力エンジン 日本に投入について

2016/06/23

英国お得意のライトウェイトスポーツカーZENOS『E10S』 車重700kgの車体に250馬力エンジン 日本に投入

1: 2016/06/21(火) 21:40:51.95 ID:niA8YRFG0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
ロータスやケーターハムなど、バックヤードビルダーと呼ばれる小さな工房で生まれるスポーツカーは、 いわばイギリスのお家芸と言ってもいいだろう。
英国のライトウェイトスポーツカーZENOS(ゼノス)『E10』もまさにそんなクルマの一台である。

非常に新しいメーカーの手で作られたこのクルマ、車重700kgに対して、ミッドシップのフォード製直列4気筒直噴エンジンは200馬力を発生する。そのスペックを見ただけでもわくわくさせる要素十分だ。ちなみにこの後日本にやってくるという『E10S』に至っては250馬力を発生するという。
そんなクルマがこのほど日本にも上陸し、早速箱根でお披露目されるということで、その機会に立ち会った。

私たちの前に現れたゼノスE10は、黒と赤の2トーンの斬新なデザインをまとっている。
メインフレームには押出成型によるアルミニウム製のものを採用し、ハニカム構造のドライカーボンコンポジットを用いたコックピットも、ピュアレーシングの世界へと誘う。

ただし外板部分には、積極的にリサイクルカーボンを使用し、万が一交換を要する場合もコストを抑えるとともに、ファストフード店から出たストローを挟み込んだカーボンパネルだから成し得る強度を有するなど、 単なる再利用にとどまらない機能的優位性を兼ね備えたエコロジーな一面も持っているなど、 新時代のスポーツカーにふさわしい内容になっている。

その軽さはクラッチをつなぎ始めた瞬間に全身で感じ取ることができる。
そして大きなトルクはこのクルマを走らせるための必須要件ではなく、すべて身軽さを表現するために振り向けられていることを、乗ればたちまち感じ取ることができる。
箱根のヒルクライムを5速のまま加速させていくことも可能なほどの、扱いやすさも見せる。

さらにこのクルマのパフォーマンスは、このキャッチーなパワーウェイトレシオにとどまらない。 フォーミュラマシンに匹敵するロングアーム・ダブルウイッシュボーンと、プッシュロッドによるインボードレイアウトで、かなり自由度の高いストロークはあくまでも路面に吸い付くように駆け抜ける。
http://s.response.jp/article/2016/06/21/277257.html
no title

no title

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1466512851/0-
続きを読む

記事引用元
英国お得意のライトウェイトスポーツカーZENOS『E10S』 車重700kgの車体に250馬力エンジン 日本に投入



#2chまとめ

-未分類