自動車まとめ速

自動車の最新情報や話題を毎日更新!

【車】なぜメルセデス・ベンツは日本で売れるのか…博打的なSUV戦略がヒット、超富裕層向けは3510万円もについて

2016/06/08

【車】なぜメルセデス・ベンツは日本で売れるのか…博打的なSUV戦略がヒット、超富裕層向けは3510万円も

1: 2016/06/05(日) 11:32:32.57 ID:CAP_USER9
A、B、C、E、S、G……、といえばメルセデス・ベンツのラインナップ。ここにGLSやGLEなどのSUV軍団が加わり、さながらEXILE一族のようであります。
昨年16年ぶりに日本国内で一番売れた輸入車ブランドになり、今年はSUVで大攻勢。
パーフェクトイヤーならぬSUVイヤーで、ベンツは今年も天下取りを狙います。

◆一族が日本に大集結のメルセデス・ベンツ。今年も輸入車1位はオレのもの?

メルセデス・ベンツの勢いが止まらない。日本自動車輸入組合によると’15年度の車名別輸入車新規登録台数は16年ぶりにメルセデスが首位で6万4001台、2位のフォルクスワーゲン(5万333台)に1万台以上も差をつけた。

’14年度は僅差でワーゲンが首位だったのだが、メルセデスが首位に立ちワーゲンが首位陥落した最大の要因は、 なんといっても昨秋に発覚したディーゼルエンジンの排出ガス不正問題の影響が大きい。
先だってのワーゲンの発表では、「これまでに約6500万件の文書が法的状況の精査のため関係者に対して提出されている」とのことだが、失った信用を取り戻すことは容易ではないだろう。

ところで、「新車効果」というものを知っているだろうか? これは発売直後の勢いに乗って、クルマの販売台数を伸ばすことを指した言葉だ。
そもそもメーカーが力を入れている新型車には、莫大なプロモーション費用がかけられている。
例えば、昨年新型になった4代目プリウスあたりだと、軽く見積もって数億円だろう。
開発費まで含めると、新車1台を世に出すまで数百億円規模の費用がかけられている。
だからこそ、新車をポンポン発売するのは簡単なことではない。

それが輸入車となればなおさらだ。なにしろ、開発するのは遠く離れた本国のメーカー。
日本のインポーターが「売れ筋のミニバンが欲しい」とか、「ハイブリッドモデルをいっぱいつくって」と本国にオーダーしたところで、 日本のユーザーのための新車がタイムリーに導入されることなんて、まずあり得ない。

そんななか、日本市場でも評価が高いSUVモデルを、タイムリーにバンバン導入しているのがメルセデスだ。
その理由を一言でいえば、長期戦略が見事ヒットしたから。まあ、言葉は悪いが博打が当たったといってもいい。
そもそも10年後のヒットモデルなんて、誰も予想できないわけで。
とはいえ、’16年は「SUVイヤー」と自ら名乗るだけあって、日本ではメルセデスのSUVの集中砲火が続いている。

まず、同社のSUV戦略の頂点に君臨するのがGLS。これは高級大型セダンSクラスのSUV版で1070万円~。
その下には、中核モデルのEクラスがベースのGLE(868万円~)やGLEクーペ(890万円~)、さらにはCクラスがベースのGLC(628万円~)が続く。
これに’14年デビューの末っ子GLA(351万円~)を加えると、メルセデスのSUVシリーズは完成。今後は、ディーゼルやプラグインハイブリッドも追加される。

もちろん、メルセデスのSUVを語るうえで忘れてはならないのがGクラス。
なかでも注目は、メルセデスの最新スポーツカーAMG GTと同じ4リッターV8ツインターボ(421馬力)のエンジンを搭載するG550(1470万円)。
なんといってもスゴイのは、泥や岩だらけの道を突き進む軍用スペックを持つGクラスに、スポーツカー向けに開発したエンジンを組み合わせたこと。
見た目は、初代がデビューした37年前とほぼ変わらないのに、中身はまんまスポーツカー。見た目とは裏腹に官能的なエンジン音は、マニア心をくすぐる1台だ。

しかも、このG550を駆る富裕層を超えた超富裕層には、期間限定受注生産モデル(5月31日受付終了)のG550 フォー・バイ・フォー スクエアード(3510万円)がある。
一昨年のSPA!で紹介した6輪駆動車G63AMG6×6(8000万円)の弟分だが、ご覧のように迫力は十分。あのG550が、ひと回り小さく見える。

もちろんSUV以外にも、コンパクトハッチモデルのAクラスのマイナーチェンジ版や、フルサイズのミニバン・Vクラスも加わったメルセデス。
今年の後半には、世界最高とも謳われるADAS(先進安全技術)を搭載した新型Eクラスも日本デビューする。
今年度も輸入車トップはメルセデスかもしれない。

ちなみに’15年度の3位はBMW(4万7158台)、4位はアウディ(2万7760台)、5位はBMW MINI(2万1640台)だった。
フォルクスワーゲンが復活しない限りは、メルセデス・ベンツの連覇は堅いかも

http://nikkan-spa.jp/1122314

元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465093952/0-
続きを読む

記事引用元
【車】なぜメルセデス・ベンツは日本で売れるのか…博打的なSUV戦略がヒット、超富裕層向けは3510万円も



#2chまとめ

-未分類