自動車まとめ速

自動車の最新情報や話題を毎日更新!

【悲報】人気のハイエースベース車両に法改正の波・・・来年から横向き座席が禁止にについて

2016/08/18

【悲報】人気のハイエースベース車両に法改正の波・・・来年から横向き座席が禁止に

1: 2016/08/15(月) 20:17:04.50 ID:CAP_USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160813-00010000-asahit-bus_all
no title

【キャンピングカーで行こう!】
 今回は、法改正にまつわるお話です。もし今、キャンピングカーの購入や買い替えを考えている方がいて、 今から説明する法改正が検討しているクルマに該当するならば、急いだほうがいいかもしれません。

■ベース車両の乗車定員・10人の壁

 キャンピングカーの人気は順調に伸びています。先日発表された日本RV協会発行の「キャンピングカー白書2016」によれば、 新車の登録台数は右肩上がり。過去最高の4968台/年 を記録しています。

 そんな中でも売れ筋といえるのが、8ナンバー(特種車両、キャンピングカー登録)以外の車両。なんと、現在は全体の36.8%を占めています。 8ナンバーとその他のナンバーの差については過去の記事もご覧ください(→キャンピングカーはなぜ8ナンバーなのか)。

「寝られればいいので、車内で立てる必要はない」
「炊事をするつもりはないので、キッチン設備は必要ない」
「簡易的でもキッチンは欲しいが、普段使いもするので背の高いクルマは困る」

 こうしたニーズに応えて、特に人気があるのが、トヨタ・ハイエースのワゴングレードをベースにした、3ナンバー登録のクルマです。

 ハイエースの中でも、ワゴングレードの車両は幅がワイドサイズ(1880mm)で全長はスーパーロングより短い(4840mm) 車高はミドルルーフなので2100mmありますが、ショッピングセンターなどの立体駐車場などにも入るサイズです。スーパーロングの車体では大きすぎるし、 かといって標準幅では室内が狭い、という事情にうまく対応できているサイズなのです。室内高は1390mmなのでキャンピングカーとしての構造要件は満たしておらず、8ナンバーではなく、3ナンバーとなるのです。

 このハイエース・ワゴンをベースに、各社さまざまな商品を提案しています。レイアウトも様々ですが、 全商品に共通しているのは、乗車定員が10人だということ。元々、ベース車両であるハイエース・ワゴングレードは乗車定員が10人なのですが、これは普通自動車免許で運転できる最大乗車人数です。10人未満のクルマと、10人以上のクルマとでは、 シートやシートベルトの強度、取り付け位置にかかる力の大きさ、シートベルトの形状などが違います。

 ですので、8人乗りのクルマが5人乗りになっても問題はありませんが、10人乗りのクルマを8人乗りや5人乗りに変更するのは、 大変な手間がかかるのです。そのため、各社とも、乗車定員10人はそのまま踏襲しつつ、何とかキャンピングカーとして魅力あるレイアウトにできないか、 研究を重ねているというわけです。

 さて、では何が問題かというと。使いやすいレイアウトを追求しつつ、乗車定員を変更しないで済む、その有効な手法のひとつとして、 横向き座席がよく使われています。この、横向き座席にまつわる法律が、来年から、変更になるのです。

元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471259824/
続きを読む

記事引用元
【悲報】人気のハイエースベース車両に法改正の波・・・来年から横向き座席が禁止に



#2chまとめ

-未分類