自動車まとめ速

自動車の最新情報や話題を毎日更新!

【クルマ】トヨタ、新型プリウスPHVを日本初公開 屋根に太陽光パネルを搭載、スタンドがなくても充電可能にについて

2016/06/18

【クルマ】トヨタ、新型プリウスPHVを日本初公開 屋根に太陽光パネルを搭載、スタンドがなくても充電可能に

1: 2016/06/15(水) 16:08:05.27 ID:CAP_USER
http://news.mynavi.jp/news/2016/06/15/209/

no title

no title

no title

新型「プリウス PHV」は今年3月のニューヨーク国際オートショーで世界初公開され、米国・日本・欧州で今秋から導入予定(米国での車名は「プリウス プライム」)と発表されている。外観は4代目「プリウス」をベースに、 フロントおよびリヤにオリジナルデザインを採用し、より先進的でエモーショナルな造形をめざしたという。
車内にナビゲーション機能を備えた11.6インチ大型ディスプレイも配置した。

プラグインハイブリッドシステムも進化し、総エネルギー量が従来の約2倍という大容量リチウムイオンバッテリーを搭載するなどにより、満充電からの航続距離が60km以上(目標値。従来型「プリウス PHV」は26.4km)と大幅に延長された。
日本仕様車のみの急速充電機能により、短時間での充電も可能に。新開発「デュアルモータードライブ」システムの採用による力強いEV加速性能も特徴とされている。

日本・欧米仕様のみ搭載のソーラー充電システムも特徴で、「スマートコミュニティ Japan 2016」のトヨタブースに展示された車両もルーフにソーラーパネルを備える。この「ソーラールーフ」で太陽光発電を行い、エネルギーマネジメントを行う「ソーラーECU」を介して、駆動用バッテリーおよび12Vバッテリー系統へ電力を供給。充電スタンドがない場合や災害などで停電した場合でも、 太陽光による駆動用バッテリーの充電が可能とのこと。 ソーラー発電の電力で12Vバッテリー系統の消費を補うことで、 駆動用バッテリーの電力消費を抑え、EV走行距離や燃費の向上にも貢献する。

トヨタブースでは新型「プリウス PHV」日本仕様車に加え、燃料電池自動車「MIRAI」のカットボディも展示。 燃料電池が発電するしくみを紹介する「燃料電池教室」も開かれる。走行車両から得られるビッグデータを活用した現行サービスや今後の可能性についても紹介するという。「スマートコミュニティ Japan 2016」は東京ビッグサイト東2・3ホールで6月17日まで開催。 計296社・団体が出展し、最新の技術・製品の展示が行われる。

元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1465974485/0-
続きを読む

記事引用元
【クルマ】トヨタ、新型プリウスPHVを日本初公開 屋根に太陽光パネルを搭載、スタンドがなくても充電可能に



#2chまとめ

-未分類